はじめに

救急総合診療科では、日本一のER型救急医療の構築という目標を一緒に目指せる医師を募集しています。

環境

救急総合診療科では育児中の女性医師など、夜勤が困難な方であっても働きやすい環境を整えています。卒後年数やお子さんの年齢に関係なく、やる気のある方は随時募集しています。 様々な専門性をもった医療を経験された後に、あらためて急性期の総合力を身につけたい、と考えておられる方は少なからずいらっしゃると思います。当院では、一生をER・総合診療医として働きたいと考えている方はもちろん、一時をER・総合診療医として働いてみたいと考えていらっしゃる方に、来ていただきたいと考えています。 救急外来にあまり慣れていない方でも、勤務中に、自分一人で急患対応をしなければならないことはなく、常に医師5人以上のチームでシフトにあたり、必ず7年目以上の指導医がリーダーとなります。病院全体で救急総合診療科を支えており、診療中は必ず全科の医師のサポートが得られますので、安全な環境で救急医療に慣れていただけます。

救急総合診療科勤務の特徴

救急総合診療科が受け入れたい常勤医師

募集案内

定員 4名
応募資格 上記1から3を満たすもの
職位 1.後期レジデント 2.医員ないし任期助教(経験や業績を加味して判断する)
給与 当院の規定により支給(経験年数加算・宿直手当、時間外手当等別途加算有り)
勤務体制 二交代制もしくは、日勤のみの勤務(希望により選択可)
福利厚生 社会保険 健康保険 / 雇用保険 / 厚生年金 / 厚生年金基金 / 労災保険
宿舎完備 単身用(敷地外マンション形式・約55,000円 / 月・駐車場有料)
休日 4週8休に祝日と年末年始(12月29日~1月3日)を加算した日数 年次有給休暇:初年度より年間20日(翌年繰越最大20日まで) 特別休暇:夏季特別休暇、忌引休暇、結婚休暇等
選考方法 日時 随時
場所 杏林大学医学部付属病院
試験内容 面接試験
試験結果 本人宛に1週間以内に連絡します。
病院見学 病院見学を随時受け付けています。 ご希望の方は”お問い合わせフォーム”から、もしくはお電話にてご連絡ください。
担当 杏林大学医学部付属病院ATT科 医局秘書 中川 TEL:0422-47-5511

お問い合わせ・見学の申し込み

Contact us