Message from the Professor

全診療科が連携し、患者様に親切な救急初期診療を提供

救急総合診療科の紹介

救急総合診療科は平成18年5月より稼働し、主として1、2次救急外来を受診する内科・一般外科領域の救急患者の初期診療を行っています。 当院では、救急医学講座を立ち上げて以来、救急科が3次救急を担当し、1、2次救急は各科が個別に対応していました。救急科が年間約2000件の最重症患者に対し、高度救命救急センターにおいて充実した高度救急医療を提供してきた一方で、1、2次救急は、年間約38000人の患者に対し、必ずしも十分な救急医療を提供出来ていない状態でした。特に内科系救急患者はその内の約3割を占め、一般診療に加えて救急対応を行う内科系医師の疲弊はひどく、救急車受入可能時間や複数疾患併存患者の対応に支障が生じていました。
そこで、平成18年5月よりER専従医師を配置し、完全シ

フト勤務制の救急総合診療科を立ち上げました。今後は新たな専門医制度の導入が検討されていますが、その中でも基本領域での総合診療科プログラムの創設は画期的です。まだ内容については協議中とのことですが、我々が主として行ってきた内科系救急診療はこのプログラムに合致するものと確信しております。今後の推移を注目し、若手医師に魅力的な研修プログラムを構築したいと思います。 救急総合診療科では、日々の臨床業務に加え後輩達の臨床教育や研究活動も精力的に行っています。私達は、若手医師の教育体制を充実し、質の高い、患者に親切な医療を提供する診療科を目指したい、と考えています。救急医療に強い総合診療医を目指そうと思っている諸君からの連絡を待っています!

診療科長:松田剛明(教授)

診療科長:松田剛明(教授)