目指せ、ER型救急で活躍できるホスピタリスト(病院総合医)

ER型救急で活躍できるホスピタリスト(病院総合医)養成プログラム

東京都三鷹市は、杉並区、世田谷区、調布市、武蔵野市、小金井市、府中市に隣接し、ここに建つ杏林大学医学部付属病院は、新宿以西の中央線・京王線・西武新宿線沿線で唯一の大学病院本院です。日中は都心で働く人々を含め、夜間・休日の人口が大変多く、救急受診患者が成人の1次・2次救急だけで年間14,000人(うち救急車搬送が3,900人)訪れます。救急外来からの入院は当院の入院患者の約半数を占めており、軽症から重症まで、多種多様
な急病症例に対応することが求められます。 救急総合診療科には実りの多い研修生活を送るうえで欠かせない要素である、1.「豊富でバリエーションに富んだ症例」2.「その経験を学びにつなげるシステムと職場文化」3.「学びをサポートしてくれる優れた指導医と、刺激し合える良き仲間」が揃っており、充実した研修生活を送れます。

プログラムの特徴

syourei

1大学病院随一の豊富な症例

当院の総合診療医養成プログラムでは、立地条件に恵まれ急病症例が豊富という当院の特徴を活かして、多種多様な症候・疾患を経験することができます。ベッドタウンの中にある大学病院付属の救命センターということもあり、救急車で来院される患者だけでなく、ウォークインの患者が非常に多いことが特徴です。勤務帯の終わりには、経験した症例全てについて必ず振り返りを行い、生じた疑問点についてはevidenceを確認し、ディスカッションしています。
    IMGA0187 のコピー

2急性期治療だけなく、全身マネジメントを学べる

ERからの入院患者の診療も担当し、患者さんのその後の経過を確認するとともに、急性期の治療や全身マネジメントを学びます。また当院では、2年目の初期研修医と3年目の後期研修医全員がERをローテートするシステムを採っており、多くの勉強好きな若手医師と教え好きなスタッフ医師の化学反応により、明るく活発な職場文化が醸し出されています。
    15101882463_21d43151bb_z

3完全シフト制でプライベートも充実

多忙というイメージが持たれがちなERですが、杏林大学の救急総合診療科の勤務体制は、後期レジデントのみならず、初期研修医~スタッフまで全て、完全シフト制です。onとoffがはっきりしており、offの時間にはプライベートな生活をゆっくり楽しみ、on timeには仕事と学習に集中できます。できるだけ多くの症例を診て勉強したい医師はもちろん、プライベートな時間を確保したい子育て中の医師(女性のみならず男性も)にも最適な環境です。