女性医師の声
〜Ideal place to balance work and family〜

top_01

ー杏林大学医学部付属病院救急総合診療科で働くと決めたきっかけ

昔からどんな患者にもオールマイティーに対応できるジェネラリストになりたいと考えていました。そんなとき、消化器、循環器、呼吸器などのあらゆる「内臓」領域から、運動器などの「外臓」にいたるまであらゆる症例に対応す

る病院総合医という救急総合診療科の医師の存在を知りました。まさに、私のジェネラリストになるという夢に近づける環境だと思い入局を決めました。

ー研修プログラムの魅力

他の科では経験できない、外来患者さんとのファーストタッチが経験できること、そして自身で治療方針がある程度

まで決められるという魅力あります。そのため、早い段階から経験値を積むことができる環境です。

  

ー杏林大学医学部付属病院救急総合診療科への入職を考えている方へ

私は夫と子供が一人いますが、救急総合診療科の先生方の助けがあってこそ仕事も続けられていると思います。家庭があるからと言う理由で自分のやりたいことが制限されない、バランスのとれた生活が送れるのが救急総合診療科です。女性の先生で家庭との両立で悩んでいらっしゃる先生には救急総合診療科では非常に貴重な経験ができると思います。また、これから進む道が決まっているドクターでも、悩んでいてまだ一つの道に決められないドクターでも、さまざまな症状の患者さんに接する救急総合診療科を一度体験してみると、それぞれ先生に合った科を見つけるいいきっかけになると思います。